ニュージーランドに行ってきました 六日目 ミルフォードサウンドへ

 この日もまずまずの天気。いよいよ、ミルフォードサウンドへ。三年ほど前、オークランドからシドニーまでのクルーズで訪れた時、雨で残念な思いがあり、今回こそは青空のミルフォードサウンドを見たいと、今回の旅行につながったのです。そのためにテアナウにしばらく滞在して、何度かチャレンジしようとまで思っていました。晴れてくれるでしょうか。
 クイーンズタウンを、朝8時過ぎに出発。テアナウを経由しておよそ8時間のバス移動。テアナウで昼食時間。バスの止まった湖畔の近くに簡単な食事をするところがあったので入ってみたら、なんと、「たこ焼き」「きつねうどん」と、メニューがあって、日本人のお嬢さんが働いていました。語学留学で来ていて、夜は街の中華レストランで働いているそうです。当然私はきつねうどんを注文。
画像

 
画像
ホーマートンネルを抜けると、どんよりと曇り空。まるで、「雪国」の冒頭部分のよう。天気は猫の目のように変わっても、基本的には曇りがち。4時前にミルフォードサウンドに到着。
画像
「Milford Mariner」に乗船。
画像

 
画像
出航後、今晩碇泊する入り江に着くと、シーカヤックを楽しむ人や、
画像
小さなボートに乗って付近を散策する人が甲板に出てきました。私たちはボートを選択。救命胴衣を着けていざ出発。
画像
絶壁に触れそうなの近くまでボートを寄せて滝を見たり、アシカのコロニーの目の前に寄ったり、
画像
画像
大きな船では近寄れないところまで行けました。大型船では味わえない自然を身近に感じられました。
 10数人ほど乗れるボートに、私たち日本人のほか、インド、ロシア、イギリス、オランダ等いろいろな国籍の人が乗り合わせて和気あいあいでした。
 夕食はイギリス人の夫婦と相席。食事をしながら、お互いの子供の話や花の話など、当たり障りのない会話。食後のデザートのケーキを食べすぎました。
画像

 夜中、妻に起こされました。「窓の外、雲がないわよ。晴れてるかも。」半分寝ぼけながら聞いていたのですが。とりあえず、確かめてこようと、着替えもそこそこにカメラを持ってデッキへ。  この後は次回に。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ここでしか見られない山と海の融合「ミルフォードサウンド」

    Excerpt: ここでしか見られない山と海の融合「ミルフォードサウンド」 by Milford Sound, Kiwi Discovery/Kiwi Discovery ニュージーランドの絶景・名所 行ってみたい度:.. Weblog: 世界の絶景・名所 - Tourist Area racked: 2012-09-25 15:23
  • エアマックス 2013

    Excerpt: ニュージーランドに行ってきました 六日目 ミルフォードサウンドへ 秀作の徒然なるままに/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 23:57